top of page
  • 執筆者の写真院長

Kochi first anniversary

更新日:2023年7月3日

 本日、2023年7月1日、お陰様で京都よしだ鍼灸院 高知分院は、開院一周年を迎えることが出来ました。

これもひとえにご来院くださる患者さん、地域の方々、医療提携先のクリニックの皆さまに支えていただいたおかげだと思います。誠にありがとうございました。また市での公的活動との両立にご理解をいただき、感謝申し上げます。

 一時、市の業務との兼ね合いにより、急性期症状に応答することが不可能な場面がつづき、現在のワークスタイルの選択に後悔する時期がありました。時間的制約と定時退庁が出来ない状況や休日出勤が重なり、結果として患者さんを待たせてしまう。これでは医療者の風上にも置けない。社会的処方という便利な言葉で、地域を診て、患者さんを診て、と公言していた自分が恥ずかしくなりました。

 現在は施術時間を確保し、また近隣の医療機関や他院に相談をし、首尾よく運ぶようになりました。まだ改善の余地は残っているので、医療連携を含めた素早い対応を心掛け、2年目のスタートを切りたいと思います。



本日は、お知らせがいくつかありますので紹介いたします。


島根県出雲市に、出雲あんず鍼灸院(出雲院公式HP)を開院いたしました。

所属先のクリニック提携院となります。物腰の柔らかい女性院長 曽田先生が繊細な問診・施術をおこなっております。私はプレオープン時に施術をしてもらいました。非常にリズミカルな鍼さばきで、心地の良い施術だったと記憶しています。山陰地方の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。


**


2021年4月に島根大学医学部発ベンチャー・薬雲「出雲人参酒・薬膳酒(薬雲公式HP)」開発プロジェクトに参画し、同年夏に商品が完成いたしました。当初の販売ルートは、ECサイトと地元のイベントでの地道な広報活動が中心でした。今夏より、米子高島屋さんでの販売が始まりました。昨日の講演会で師匠から販売エリアの写真を共有してもらったのですが、ゴールデンゾーンに陳列されており、さらに購買欲をそそるPOPで飾られておりました。

出雲人参酒・薬膳酒の2本は、本当にオススメの商品となっております。まもなく夏のギフトシーズン。ギフト商戦に参戦し、多くの方の舌を喜ばせることを目標に邁進していきます。



***


本日は、早朝から自分の心の中と対話しながら、今の気持ちをお伝えしました。

今後もご指導・ご支援のほどよろしくお願いいたします。




京都よしだ鍼灸院 / 高知分院

出雲漢方研究会


吉田友一

閲覧数:327回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9年目

Комментарии


bottom of page