• 院長

考えかた

人体を修繕(治癒)するという難しさ。

瞳をとじてじーっと考えてみても、やはりその難しさに直面する。

健康に還す。それがいかに堪能なことか。

だけれども、東洋の叡智に委ね西洋と寄り添い、その病邪を鎮める。

昨日の自分より、全ての面で上手でなくてはならないし、その気概をもって手当ての支度をしていたい。


初診時の問診でこんな言葉が、


患者さん「なんか東洋医学、東洋医学していないからここに来ました。」

私としては、「(うん?なんだろうか?もう少し突っ込んで問いたいな。)」


まず東洋医学、東洋医学について質問した。

そしたら、「あからさまに東洋医学が効きます。鍼は凄いです。とか、施術のbefore afterで患者を引き寄せようと必死じゃないので。」「電気が苦手で。電気も流さないと聞いたので。」


<中略>


「では、鍼八分でアプローチしていきましょう。」

「おねがいします。」


つい先日の往診で主治医の先生、看護師、患者さんと鍼八分(刺し過ぎない)腹八分(食べ過ぎない)の話をしていたところだった。

他のクリニックや治療院にはそれぞれコンセプトがあるし、それについて言及するつもりはない。ましてそんなことを言える立場に無いので触れないけれど、結果的に、こちらの患者さんと自分の院がマッチングしたということだった。

明日の院の経営を心配・危惧するよりも、目前にいる患者さんの身体を健康に還してあげることが先決だ。その結果が明るければ、私にとっての次も。またその次の日も明るい朝が迎えられるのではないだろうか。


なぜ?どうして治らないのか?

あるいは、なぜ?どうして治ったのか?

そこに執着していくことが大切なんだと思う。


治らなくて考えるのは、当然。治ったら、手放しで喜ぶのは患者さんまでとして、自分はそこでなぜ治したのか。どうして治ったかを考えていたい。










みんなからの忠告に基づいて家を建てると、出来た家はいびつになる。


デンマークの諺

245回の閲覧
  • 京都よしだ鍼灸院公式Twitter
  • 京都よしだ鍼灸院公式instagram