• 院長

立ち止まって。

昨日、無事に東京診療をおえました。

先月からの東京→沖縄→東京スケジュールをこなし、安堵するのもつかの間、現在は静岡県内に滞在中。昨夜、最後の患者さんの診療をおえ、21時前に都内を発った。通常2時間弱で通過する予定が、東名高速の通行止めに加え、新東名の渋滞、それを回避するために愛鷹スマートICで降りた。しばらく国道1号線をスイスイひた走るが、越波で国道も封鎖。回避ルートが断たれ、山越えルートへ。ナビ通りに突き進むが、目の前には酷道と獣道。雨あしが強まり霧も立ち込め、視界もわるい。ナビのルート表示に安定感がなくなり、この道で合っているのか不安になり始めたそのとき、目の前に廃工場跡.........。

「おまえは、この時間ここに来ては駄目。」背後から、強い違和感。肩に重くのしかかる異物感。首筋に強烈にまとわりつく感じではなく、スッと入り込んでくる巧妙さ。これはビンゴ。それでも走り続けるが、更に重い。埼玉の北西部の山あいで車中泊した時や、岡山と鳥取の県境に迷い込んだ時も大丈夫だったが、今回は憑かれた。そう確信した時に限って、目の前にポツンと薄暗いトンネル。主役が揃い過ぎてる。いつの間にか、手足が冷たい。トンネルを通過し抜け出す間際、見たくなかったが、反射的に見ちゃったよバックミラー。


それでもなんとか山を抜けて、町らしい町へ。

今日中に京都へ着くだろうか。




382回の閲覧1件のコメント
  • 京都よしだ鍼灸院公式Twitter
  • 京都よしだ鍼灸院公式instagram