top of page
  • 執筆者の写真院長

傷あとを隠しちゃいけない

 先週、京都で雪に降られたが、知人の早朝Facebook Liveで清水寺界隈が映し出されたのを観て、自分も行ってきた。千載一遇のチャンスを逃さずに、カメラに収められたのはとても幸運。その日の、施術は雪化粧したお寺のことを中心に患者さんと盛り上がり、市内の良さげなお店の情報交換をした。 エントランス去り際に「ここは、病院っぽくなくてリラックスできちゃったよ。またきますわ♪」 そもそも何かを与えられる存在ではないので、常にフラットでいたい。この空間を通じて、最大限、心身ともに解放させてあげたいと思う。月に一度、自分のカラダと向き合う時間を一緒に少し考える。



PCs中四国支部でお世話になった奥谷先生からだいかい文庫・YATAI CAFEの守本陽一先生をご紹介していただき、「社会的処方」を用いたコミュニティづくりについてご教示いただいた。

来週末の地域おこし学校で、屋台づくりと社会的処方の”処方先”を地域の方や医療従事者と一緒に考える。

地域との親和性を図りながら、推し進めていきたい。


**



傷あとを隠しちゃいけない

その傷が君を君らしくしているんだ

フランク・シナトラ


閲覧数:204回0件のコメント

最新記事

すべて表示

年明けBLOG

感謝

bottom of page