• 院長

人生軽いタッチ

 毎月1日にBLOGをさり気なくアップすると決めた今年。何とか果たせそうだ。

ルールってほどでは無いけれど、大きくは2つ。


1、毎月1日にアップする

2、月中に書きたい衝動に駆られても極力書かない(うちに秘めておく。または別の箇所に書き留めておき、晒さないでおこう。)


 趣味の一環として、病院長BLOGやクリニック奮闘記、治療院院長のつぶやき等の日記を漁るのが好きだ。そこには、院のポリシーが描かれていたり、患者さんとの出逢い、院長先生やスタッフの紹介記事・美味しいスイーツ紹介などなど、多岐にわたる。北海道の先生の健康ガイドや栃木の治療院BLOG、島根のS先生の周年日に振り返る日記。いずれのお方もお会いしたことがないが、私は彼らのファンであり一読者だ。昨今、発信方法はさまざまで動画コンテンツ、各Appが充実を極め、どこから情報を取り込むか迷う。その中でも、ダントツBLOGが好きだ。面白動画も観ていて楽しい。アプリも多彩な機能で楽しませてくれる。でもBLOGが好き。


 先日、「BLOG拝見しております. 時間がゆっくり流れているような, 穏やかな文章がだいすきです. (略)」というメッセージを頂戴した。手当てのみならず、ぼくが綴る文表現でだれかの心に癒しを与え、背中を少し押してあげることができているのだと思い、嬉しかった。この頃は繊細さの中に、どこか忠実な表現を求めていた。

ぼくが対象とする人は、基本的に弱っている人や怪我をされている人。その方々との向き合い方を今一度探った一年だった。フラットな位置をキープし、マイルドに包み込んであげるような術者を念頭に行動してきた。内省を踏まえつつ残りの30日をどう過ごすか。考え出して、ハードな局面に追い込むといつもこの言葉を思い出す。




"人生軽いタッチ" -佐藤監督


214回の閲覧0件のコメント